スクラップブッキングをなさっている方々が実際、どのようにスクリューポンチをお使いなのか、
皆さんの作品を通してご紹介します。
 
   
 
ペーパークラフト スクラップブッキング レザークラフト パーチメントクラフト
 
   
作品を提供してくださった皆さん
 
 
   
 
片柳頼子さん
ホームページ:
http://www.scrapbooking.co.jp/
ブログ:
http://scrapbooking.cocolog-nifty.com/
 
   
 
Riendaさん
MILLENARIO
穴を開けた裏側にゴールドなどのシールを貼り付け、写真の電飾のイメージを出しています。この作品は台紙の中央でスクリューポンチを使用しています。現在多く普及しているハンドパンチでは用紙の端からの距離ありすぎる為、このようなことはできません。
タイトルをスクリューポンチで穴を開けて作成しました。タイトルの文字は、PCのフォントを普通紙にプリントアウトし、台紙(黒)の上に仮止めして上からそのまま穴を開けました。
ホームページ:
http://www.mamamano.com/
ブログ:
http://blog.mamamano.com/
 
   
 
accoさん
Bighat
スクリューポンチは、ヨーコさんから教えていただいてから、夜中スクラップブッキングをすることが多い私にとって、音がなく綺麗に抜けるのでお気に入りのツールの一つになっています。
ハンドパンチでは、抜けないレイアウトの中央などにも開けられるので、重宝しています。
ブログ::
http://scrapping.exblog.jp/
 
   
 
ヨーコさん
写真を贈るカード

スクリューポンチは、私ももう20年以上使っています。音がしませんし、抜き取った物はまん丸なので、目や花芯に使います。替刃は1.0、1.2、1.5、1.8、2.0、2.5、3.0、3.5、4.0、4.5、5.0があります。パンチで抜いた星やアヒルなどに目を入れると、すごく可愛いワンポイントが簡単に出来ます。替刃は手作りで、一つ一つ丁寧に研磨されているのでともてよく切れます。厚手の紙、三枚重ねでも簡単に穴を開けることができます。軽くてかさばらないので、ペーパークラフトなどのお稽古時には持参して使用しています。
 
   
 
gumiさん
Catch up!
野中製作所のスクリューポンチを使った作品です。バックグラウンドにスクリューポンチを使って、サークルをつくり、ぬいた穴から下のペーパーが覗けるようにしてます。
どこにでも穴が開けることができて、しかもサイズも豊富なのでとても重宝しております。
的確に的を捉えて穴があけられるし、刃は切れ味抜群!使ってみるとその感動は一目瞭然です。
ホームページ:
http://www.k2.dion.ne.jp/~scrap_hp/
 
   
 
lamellaさん
タコ公園
(1) (2)
 
(1) タコの吸盤のようにアイレットを付けるため、いっぱい穴をあけました。
(2) トランスペアレンシー(OHPシートと同じようなもの。字が印刷されています)に穴をあけました。
硬くても楽に穴があけられるのでうれしいです。

I Thee Wed
(1)
(1) 四角いのがミニブラッドです。
ミニブラッドに合う小さい穴(1mm使用)は、目打ち等でもあけられますが、
やはりどうしても紙がゆがみます。でもスクリューポンチならきれいにあけられます。

Butterfly
(1)
(1) 大きめのアイレットを使用するため、大きいサイズのビットを使います。
シンプルに黒い紙にカラフルなアイレットを並べるだけでも、
素敵なアクセントになります。

蝶のThank Youカード
(1)
(1) 透明素材(ここでは雲母)にアイレットを取り付け、立体の蝶のカードにしました。
全体を通してのスクリューポンチの感想ですが、以前使っていたハンマーで打ち抜くタイプのホールパンチとは比べものにならないほど静かに、また楽に穴があけられて、本当に重宝しています。
穴の大きさも、ビットを交換するだけでよいので、こんなにさまざまな大きさの穴をあけられるのに、一式揃って道具入れの片隅におさまるのがとても便利です。
入手して以来手放せません。
ブログ:
http://making-this-and-that.way-nifty.com/
 
 
   
 
minidecoさん
(1) スクリューポンチは、ファイバー(糸)の通し穴に使用しています。
(1) ミニブックです。「L、V、E」 は穴を抜いたところから下の色がみえ、文字が見えるようになっています。
「O」のハートは穴を抜いたときに出来る丸で形つけたものです。
ブログ:
http://travelsb.exblog.jp/
 
   
 
説子さん
Cropnight
「Crop(クロップ)」とはスクラップブッキングすること。
クロップパーティーの夜の写真をレイアウトにしました。
クロップパーティーとはみんなで集まってクロップすることです。
地味な裏方としての使い方をしておりますが、スクリューポンチは
この手の大きさの穴をあける道具としては最高です。
スクラップブッキングにどんな道具が必要かしらと聞かれたとき、
是非これを手に入れるようにといつもアドバイスしています。
(1) (2)
 
(1) スクリューポンチは、タグのファイバーを通す穴で使っています。
(2) ブラッド(割ピン)を通す穴で使っています。
ブログ:
http://yaplog.jp/happy-scrappin/
 
   
 
Citronさん
BABY
こちらはスクリューポンチの5ミリを使って穴をあけたところに、
大きめのサイズのアイレット(ハトメ)を打ち、そこにファイバー(毛糸)を通してあります。
とにかく音がしないで、きれいな丸形を抜けるのがスクリューポンチの魅力です。
刃を替えるのも簡単なので、いろいろなサイズの刃を揃えてもかさばらないのも嬉しいですね。
ホームページ:
http://sbnote.hp.infoseek.co.jp/
 
   
 
Copyright (C) 2011 NONAKA Mfg.co.Ltd. All Rights Reserved.